四季の花 我が家の庭に咲く花を1年を通してまとめたものです。



1月 我が家の庭で最初に咲く花は越前水仙である。越前に旅行した時に買い求めたものである。  


2月の末からいろんな花が一斉に咲き出す。早いのはヒヤシンスである。50年近い古株である。   


3月半ば白梅、紅梅、サンシュウの三色が咲きそろう。サンシュウは数代前からのものとのこと。    


糸水仙 これも相当古い株である。一度絶えそうになったが、植え替えたりしながら復活させた。   


白木蓮 大木である。数年に一度東電が枝切りに来てくれる。散ると一面花びらだらけになる。  


チューリップ 毎年新しい球根を植えている。種類にもよるが3月末頃には咲きそろう。    


4月半ばごろ牡丹が咲き出す。これも相当な年代物である。50個を越す花をつけたこともある。


藤 約30年前に父が山から採って来て植えたもの。父の死んだ翌年から咲きだした。


日光キスゲ オーチャンの妹の家からもらってきた物。現地のものより1ケ月ほど早く咲く。          


アヤメ これも30年以上になる古株。大分弱っていたので7年程前植え替えたら元気になった。


梅雨時の庭を彩ってくれる紫陽花、5種6株がある。赤、白、青、柏葉、だるま、がある。


サギ草 オーチャンが会社の同僚から、20個の球根をもらってきてふやした。2月に植替える。


アガパンサス これもオーチャンが会社の同僚からもらってきたもの。結構株が大きくなった。


酔芙蓉 9月に咲き出す。朝咲き出しは白花であるが午後には酔った様に赤くなり、夜に散る。


トランペット アーチャンが友人から苗をもらってきた物。機嫌がいいと200個近い花をつける。


ヒイラギ 我が家で最大の樹。百才近い古木。11月頃全体が小さな白い花で覆われる。


モチ 12月になると赤い実をつける。これは17年前に植木屋さんから買ったもの。


山茶花 12月最後を飾る花。薄いピンクと赤花の2種類。これが咲くとお正月です。